SIMはSubscriberIdentityModuleCardの略で携帯電話やLTEに対応したタブレットに挿入して使うことができます。

現在使われているものは標準的に大きさのSIMとマイクロタイプ、他にはもっと小さいナノタイプもあるので理解しておきましょう。

基本的にSIMカードがないと通信をする事ができない仕様で、ID番号が中に登録されています。

日本の大手キャリアでは自社端末で他社のSIMカードが使えないように設定されているのですが、これはシムロックと呼ばれている仕様です。


格安SIMカードは上記のようなシムロックがない商品でMVNOが販売しています。
家電量販店に行くと大量に売られているので店頭で見ている方も多いでしょう。



またMVNOではスマホセットで販売している商品も用意されています。

名前の通り非常に安い月額費用で携帯電話を使用できることから、かなりの人気を誇っている商品です。



安いものだと1500円くらいからデータシムの場合は1000円くらいで利用できます。



なぜこんなに安いのかというとMVNOでは自社で設備投資をしていないのでコスト削減を実現しているのが理由です。大手キャリアを利用して回線を導入しているため人件費や設備を抑えてお客さんに格安SIMを提供できる仕組みを構築しています。
通信速度も大手のものを使っているので品質の高く快適に利用できるのがメリットです。興味のある人は格安SIMを使ってみるといいでしょう。

Copyright (C) 2017 格安SIMカードは安価に利用できる商品 All Rights Reserved.