格安SIMは月々千円程度からスマホが使える携帯電話サービスです。

ただし、安いだけあってデータ通信に制限が設けられているのがほとんどです。
例えば、月に7GBを超えますと数百Mbpsの通信速度が100kbpsという使用には少し耐えられないほど遅い通信速度にされます。



格安SIMの数GBの通信容量制限は、使い方にもよりますが、月の途中で通信速度制限をかけられる人も多いそうです。

これは、SIM経由でインターネットやメール等を使うからで、スマホに備わっている無線LANの機能を使えば、通信速度制限を回避できるでしょう。例えば、動画や重いサイトを見たい時には、自宅あるいは出先の無線LANに切り替えて使うようにします。
こうしますと、SIMを使っていませんので、どんなに通信容量が多くなっても心配いりません。

出先で無線LANを使う時には、公衆無線LANが便利です。

しかし、格安SIMは公衆無線LANを扱っていないところが多いですから、無料の無線LANを探して使うようにします。
今では、駅や大きな施設などでは、無料の無線LANが沢山ありますので、そちらを利用したらいかがでしょうか。



また、自宅でスマホを使う時には、帰ったらすぐに自宅の無線LANに切り替えましょう。

そうすれば、SIMの通信容量は使わなくて済みます。
もし、自宅にインターネット回線を引いていない時には、無線インターネットの契約をしますと、低コストでインターネット回線が引けますし、データ通信だけでしたらSIMは必要なくなります。



Copyright (C) 2017 格安SIMは無線LANと使い分けるのがコツ All Rights Reserved.